“未知の敵”タジキスタン、現地解説者が語る“最大の強み”とは? 「多くの選手が…」

タジキスタン代表はホームで日本代表を迎える【写真:Getty Images】
タジキスタン代表はホームで日本代表を迎える【写真:Getty Images】

国内組の大半が“絶対王者”でプレーし、高練度のコンビネーションを誇る

 森保一監督率いる日本代表は15日、敵地でカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦(リパブリカン・セントラル・スタジアム)を迎える。日本ではなかなか知り得ないタジキスタン代表の情報について、前日練習の取材に訪れた現地テレビ局の解説者に聞いた。

 日本代表は10日に行われたモンゴル戦で6-0の大勝を収め、15日の試合に向けてタジキスタン入り。試合会場となるリパブリカン・セントラル・スタジアムで12日から練習し、14日には前日練習で最終調整を行った。

 そこに日本代表の取材で訪れていたのが、タジキスタンのスポーツ専門チャンネル「VARZISH TV」の解説者を務めるギュルルズ・グルモフ氏だ。同氏にタジキスタン代表情報について尋ねると、2つの“強み”と言えるポイントを教えてくれた。

 第一に挙げられたのが、近年増加しているという“国外組”の存在だ。日本と同じように、優秀な選手は国内リーグを飛び出し、武者修行の日々を送っているという。その筆頭格が、ブルガリア1部ロコモティフ・プロヴディフで10番を背負うMFパルヴィジョン・ウマルバエフだ。その他にもアジア各国でプレーしている選手がおり、グルモフ氏は「MFがストロングなポジションだと思う」と見解を示している。

 もっとも、これはあくまで選手個々のレベルが高いポジションに過ぎない。チームとして持っている強みは、また別のところにあるという。グルモフ氏は次のように指摘する。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」