森保監督の人柄が滲む一幕 前日会見冒頭で台風被災に言及「心の傷が少しでも早く…」

タジキスタン代表のトシェフ監督(左)と日本代表の森保監督【写真:Football ZONE web】
タジキスタン代表のトシェフ監督(左)と日本代表の森保監督【写真:Football ZONE web】

タジキスタン戦に向けたコメントの前に自ら台風19号を被災した人々にお悔やみの言葉

 日本代表の森保一監督が14日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦(15日/リパブリカン・セントラル・スタジアム)に向けて、首都ドゥシャンベ内のホテルで前日会見に臨んだ。冒頭、現地の司会からタジキスタン戦についてコメントを求められた指揮官は、「明日の試合のことについて話す前に…」と切り出し、日本を襲った台風19号に言及。「被災された方々の暮らしや心の傷が少しでも早く元通りになることを願っています」と“エール”となる戦いを誓った。

 森保ジャパンは10日にホームで行われたW杯予選モンゴル戦で6-0と快勝し、翌日にタジキスタンへ出発。12日の夕方から現地でトレーニングを行い、15日のタジキスタン戦に向けて調整を進めている。

 その間、日本では12日に過去最大級とも言われる台風19号が上陸し、大きな被害を受けた。14日の前日会見に登壇した森保監督は、タジキスタン戦へのコメントを求められると開口一番、日本の状況について触れた。

「明日の試合のことについて話す前に、まず日本で起きていることに対して申し上げたいと思います。日本では台風19号という自然災害で大きな被害が起きています。まず犠牲になられた方々にお悔やみを申し上げたいと思います」

 森保ジャパンは、新体制初陣の予定だった2018年9月のチリ戦が北海道胆振東部地震の影響で中止になった経緯がある。直後の国際親善試合コスタリカ戦(3-0)の前日会見で、森保監督は冒頭で北海道胆振東部地震と近畿地方を襲った台風21号で被害を受けた人々にメッセージを送っていた。

 森保監督の人柄が滲む一幕となったが、今回のタジキスタン戦が少しでも日本の人々の力になるように、とプレーでエールを送ることを誓った。

「被災された方に対して、少しでも被災された方々の暮らしや心の傷が少しでも早く元通りになることを願っています。復興に携わっている方々、頑張っている方々にエールを送るような戦いをしたいと思っています」

 敵地タジキスタンでしっかりと勝ち点3をつかみ、台風で傷ついた日本を勇気づけたいところだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も