日本代表、人工芝ピッチが試合に与える影響は? ポイントは“散水の有無”と“慣れ”か

人工芝ピッチが試合に与える影響とは?【写真:Football ZONE web】
人工芝ピッチが試合に与える影響とは?【写真:Football ZONE web】

シント=トロイデンでの“経験者”遠藤が指摘 「水を撒けばそこまで大差はない」

 日本代表は12日、アウェーでのカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選タジキスタン戦(15日)に向けて、試合が開催されるリバブリカン・セントラル・スタジアムで練習を行った。同会場はA代表の国際試合では珍しい人工芝のピッチとなっているが、プレーへの影響はどれほどのものになるのだろうか。

 ピッチ状態は試合にも大きな影響を与えるだけに、感覚のすり合わせは必須。朗報は、試合会場となるスタジアムで継続的に練習できる見込みとなっていることだろう。人工芝であるがゆえに、ピッチの負担を考慮してスタジアムで満足に練習できない、ということはない。12日の練習を終えた選手たちには、人工芝に関する質問が多くぶつけられることになった。

試合が開催されるリバブリカン・セントラル・スタジアムで練習を行う日本代表の選手達【写真:Football ZONE web】
試合が開催されるリバブリカン・セントラル・スタジアムで練習を行う日本代表の選手達【写真:Football ZONE web】

 そのなかでも、MF遠藤航(シュツットガルト)は昨季までシント=トロイデンでプレーし、同クラブのホームスタジアムが人工芝ということもあり、選手目線での捉え方を詳しく語った。今回の会場を「普通の人工芝という感じ」と評したうえで、“散水の有無”によって生まれる変化の大きさに言及している。

「水を撒けばそこまで(天然芝と)大差はない。もちろん動いていくと疲労感の違いはあるし、若干引っかかったりします。でも、水を撒かないとバウンドが違ったりするので、そこは気を付けないといけないかなという感じですね」

 ボランチの遠藤は攻守の要を担い、パスワークでは中心となるだけに、「(水を)撒かないとまっすぐのボールでもちょっと揺れることも、なくはない」と警戒する部分もある。とはいえ、状態の悪い天然芝とは違い、「ボコボコしているわけではないので、基本的には普通にボールは動かせるイメージでいます」とも明かした。発生する“変化”に個人レベルで対応しつつ、チームとしてはあくまで普段どおりのサッカーを展開することが第一となりそうだ。

 もちろん、一口に“対応”と言っても、普段と大きく異なる環境への順応は決して簡単ではないだろう。現在のチームで屈指の経験値を誇るGK川島永嗣(ストラスブール)は、大きな違いとして「ボールのスピード感やバウンドの仕方」を挙げ、「個人個人が限られた時間のなかで慣れていくしかない」と指摘した。

 特に、一つのプレーや判断の遅れが失点に直結し得る守備陣にとっては、細心の注意を払うべき要素であることも間違いない。各々が自身のポジションや役割を踏まえ、短い準備期間で最適な対応をしていくことが、タジキスタン戦では一つのポイントと言えるだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(片村光博 / Mitsuhiro Katamura)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」