帽子にイヤホン…「なんじゃこいつ」 恩師が明かす、鎌田大地の“変貌”秘話

高校当時から鎌田のパスセンスは際立っていたという【写真:Yukihito Taguchi】
高校当時から鎌田のパスセンスは際立っていたという【写真:Yukihito Taguchi】

当時から光ったのはパスセンス 「僕らは教えられへん」

 中学3年の夏から鎌田の存在を知っていた福重監督。その時は主力に代わって途中出場した鎌田のパスセンスに驚いた。「ちょっとした時間やったんですけど、スルーパスを狙っていて、その場所がすごく面白い。僕らは教えられへん」。実力を持ち合わせた鎌田は入学後、1年からAチームになった。主力として活躍する力はある。だが、なかなか先発に名を連ねることができず、本人も「1年の時は全然出られなくてつまらない、なんであいつが出てんねん、という感じだった」という。それも課題が明白だったからと指揮官は話す。

「高校サッカーに必要なメンタルとか、中学の時に課題やったハードワークするとか、まだまだ足らなかった。そういうところが足りなかったので、常にフルでは出ていなかった」

 そんな鎌田は、ある一戦をきっかけに変貌を遂げることになる。1年生だった12年の全国高校サッカー選手権京都府予選の決勝。京都橘高との対戦で1点を追う終盤、鎌田は同点に追いつく好機を逃してしまった。夏の全国高校総体に出場したチームは、選手権への道が途絶えた。だが、その一戦を機に鎌田にはある感情が芽生えていた。

「彼(鎌田)の口からも出ていたんですけど、途中出場の時に1年生やのに部員100人ぐらい、先輩がすごく応援してくれた。チームのために『やらなあかん』と大会、試合を通じて感じていた。勝負を落としてしまったけど、そこで責任を感じて。サッカーが好きやし、チームのために頑張るというのはその瞬間……やけど、さらに変わったのは主将になってから。最高学年で主将になった時に」

 もともと“ヤンチャ”な少年だった鎌田が、新チームになった高校2年の11月、主将に立候補した。指揮官は驚いたが、鎌田を呼び出して本音で話し合った。

「彼と喋ったのは『これは賭けや』と。『東山がつぶれるのか。今までの伝統をつぶすのはお前かもしれん、賭けや。お前がやって変わったらチームはえらい強くなる』と。わがままやってしまうと、お山の大将になってチームは崩壊する。でも、彼に託しました」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も