「クレバーなワンツーで右サイドを攻略」 南野&伊東、華麗なコンビプレーに海外注目

日本代表の伊東純也(左)と南野拓実【写真:Getty Images & Yukihito Taguchi】
日本代表の伊東純也(左)と南野拓実【写真:Getty Images & Yukihito Taguchi】

日本はモンゴルに6-0の圧勝 南野と伊東の連携でゴールを量産

 日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)2次予選の第3戦でモンゴル代表と対戦し、6-0の勝利を収めた。森保体制で最多得点記録を更新する圧勝となったが、MF南野拓実(ザルツブルク)とMF伊東純也(ヘンク)の華麗な連携に海外メディアも「クレバーなワンツーで右サイドを攻略する見事なコンビプレーを見せた」と賛辞を送っている。

 第1戦のミャンマー戦を2-0で制した日本だったが、モンゴル戦ではエースのFW大迫勇也が負傷によりメンバー外を余儀なくされ、攻撃面に懸念材料を抱えていたが、南野と伊東が際立ったパフォーマンスを披露する。前半22分、右サイドを突破した伊東が浮き球のクロスを放り込むと、南野が強烈なヘディング弾を叩き込み、先制点を奪った。

 さらに2-0で迎えた前半33分、ボールを持った伊東が南野とテンポの良いワンツーで右サイドを打開すると、鋭いグラウンダーのクロスを供給。走り込んだDF長友佑都(ガラタサライ)の追加点をお膳立てした。勢いに乗った日本はその後3得点を積み上げ、現体制最多となるゴールラッシュを見せたが、海外メディアは南野と伊東の華麗な連携に注目を寄せている。

 衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は先制点の場面について「伊東のオーバーラップからエリア内へ素晴らしい浮き球のクロスを入れ、南野のパワフルなヘディング弾でネットを揺らした」と説明。また、3得点目のシーンは「伊東が南野とクレバーなワンツーで右サイドを攻略する見事なコンビプレーを見せた」と称賛。エース不在の状況下で、日本は新たなホットラインの誕生を予感させた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も