「酷い扱いを受けた」 メッシ激白、“バルサ退団”を考えた過去「スペインから離れたいと…」

バルセロナからの移籍を考えていたことをメッシ本人が明かした【写真:Getty Images】
バルセロナからの移籍を考えていたことをメッシ本人が明かした【写真:Getty Images】

脱税疑惑がかけられた2013年当時の精神的苦痛を、スペインラジオ局で語る

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、脱税疑惑がかけられた際にバルセロナからの移籍を考えていたと明かした。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 メッシは2013年に、07年から09年の間に肖像権収入に関して計420万ユーロ(約5億円)の脱税があったと税務局から告発された。16年には有罪判決を言い渡され、17年には懲役21カ月と200万ユーロ(約2億3500万円)の罰金刑が確定していた。スペインの法律では懲役2年以下の刑には執行猶予が付くため収監を免れたが、この件がメッシにとっては大きな傷として残っているようだ。

 メッシはスペインラジオ局「RAC1」のインタビューで、バルセロナから移籍することも検討していたと告白している。

「あの時は移籍することも考えた。バルセロナが原因ではないが、スペインから離れたいと思ったんだ。とても酷い扱いを受け、これ以上はここにいたくないと思った。僕は多くのクラブに扉を開いていたが、正式なオファーはなかった。僕が本当はここに残りたいと思っていることは、誰もが知っていたことだからね。この状況は僕のバルサに対する気持ちを遥かに超えるものだった」

 メッシは当時のことについて、このように振り返っている。13歳から在籍するバルサへの思いから残留することになったが、精神的には大きなダメージを負っていたようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」