華麗股抜き披露の冨安健洋、伊3大紙が“質・量・技術”を高評価 「議論の余地がない」

ボローニャDF冨安健洋【写真:Getty Images】
ボローニャDF冨安健洋【写真:Getty Images】

敵陣ペナルティーエリア内でラツィオFWコレアの股を抜くアタッカーばりの技術を披露

 イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、現地時間6日のセリエA第7節ラツィオ戦(2-2)で開幕から7試合連続フル出場を果たした。自身のサイドから攻め込まれて2失点を喫するなど課題もあったが、イタリア3大紙は総じて、日本人センターバックのテクニックとサッカーIQの高さを称えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ホームのボローニャは前半21分、チェコ代表FWラディスラフ・クレイチのゴールで先制。同点とされて迎えた同31分には、元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオがポストに当たったこぼれ球を押し込んで勝ち越したが、ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレに2ゴールを許し、2-2-のドロー決着となった。

 冨安は自身のサイドから攻め込まれて2点を奪われた一方で、攻撃では見せ場を作る。ペナルティーエリア右で縦パスを受け、ラツィオのアルゼンチン代表FWホアキン・コレアとマッチアップ。相手を背負った状態から右足裏でボールをコントロールして反転すると、すかさず右足のアウトサイドキックでコレアの股を鮮やかに抜いて見せた。

 イタリア3大紙も冨安には平均点以上の評価を与えている。「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「6.5点」を付け、寸評で「頭ではよく考えている」と言及。「コリエレ・デロ・スポルト」もチームトップタイの「7点」とともに、「クオリティー、量、技術。議論の余地がない。必要な時にはずる賢い。輝かしいキャリアが待っている」とポテンシャルの高さを称えた。また、「トゥット・スポルト」も「ボールと足が彼のクオリティーを見せる」と「6.5点」の高評価を付けた。

 次節のユベントス戦では、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとのマッチアップも予想される。イタリアの地で成長を続ける冨安から目が離せない。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も