インテルのコンテ監督、古巣ユベントスの“超えられない壁”に悔恨 「経験の差」

「私が対戦した時には、アレッツォでもアタランタでも敗れ、今日もインテルで敗れた」

 コンテ監督にとってユベントスは現役時代を過ごした古巣であり、監督としては現在のリーグ8連覇のうち最初の3連覇をもたらして基礎を築いたチームでもある。一方で、他チームの指導者としては「ユベントスと私が対戦した時には、アレッツォでもアタランタでも敗れ、今日もインテルで敗れた。本当に残念だ」と、“越えられない壁”になっていることへの悔しさを語った。

 全体的に年齢の若いチームを新監督として率いるコンテ監督にとって、シーズンの中でも早いタイミングでユベントスと対戦したのは不運の一つだったかもしれない。それでも、開幕6連勝の実力は試合内容ではっきりと示した。シーズン後半戦でユベントスのホームに乗り込むリターンマッチで、コンテ監督は初の古巣撃破を成し遂げられるだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング