浦和FWファブリシオの弾丸ミドルが炸裂! ACL準決勝・広州恒大戦で先制点をマーク

浦和レッズ先制点はファブリシオ【写真:高橋学】
浦和レッズ先制点はファブリシオ【写真:高橋学】

前半19分、約25mの位置から右足の強烈ミドルをお見舞い

 浦和レッズのFWファブリシオは広州恒大(中国)をホームで迎え撃った2日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦で、前半19分に豪快なミドルシュートを決め、先制点を奪った。

 浦和は立ち上がりからボール保持率を高める中で迎えた前半19分、左サイドのパス交換でMF関根貴大からパスを受けたファブリシオが反転して前を向くと、左45度付近の約25メートルの位置から右足を一閃。これがゴール右上に吸い込まれて貴重な先制ゴールになった。

 ファブリシオは昨夏の浦和加入からゴールを量産するも、右膝の靭帯損傷の負傷で昨年9月に離脱。今年5月に復帰後は調子が上がっていなかったが、この大一番で代名詞の弾丸ミドルを決めて一気に浦和を勢いづかせた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング