CL優勝のリバプールMF、“年間ベスト11”に苦言 「メッシとロナウドは常に選ばれる」

リバプールMFワイナルドゥムが年間ベストイレブンについて言及した【写真:Getty Images】
リバプールMFワイナルドゥムが年間ベストイレブンについて言及した【写真:Getty Images】

MFワイナルドゥムが今年の年間ベスト11に不満 「他にも選ばれるべき選手がいる」

 リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが、今年の国際サッカー連盟(FIFA)と国際プロサッカー選手会(FIFPro)による年間ベストイレブンに納得していないようだ。英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えている。

 FIFAは現地時間24日、年間表彰式「ザ・ベスト FIFAフットボールアウォーズ2018」で、FIFAとFIFProが共同で選出するベストイレブンを発表。DF陣ではレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ブラジル代表DFマルセロ、フランス代表DFラファエル・ヴァランが選出。さらにブラジル代表DFダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン→サンパウロ)が選出された。

 ただ、レアルは昨季リーグ戦3位でフィニッシュし、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもアヤックスに敗れラウンド16で敗退。ワイナルドゥムは昨季CL制覇を果たしたリバプールのスター選手らがほぼ選ばれなかったことに疑問を呈している。
 
 ワイナルドゥムは、米メディア「ジ・アスレチック」のインタビューで、DF陣ではスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンとイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが選ばれるべきだったとし、「異なる選手たちがそれぞれの意見を持っている。そのなかの一部はおそらく、誰が今年のベストイレブンにふさわしいかではなく、彼らの考えるベストイレブンを書いているだけで、まったく意味が違う」とコメントしている。

「彼らはただ、選手たちに紙切れを渡し、そこに好きなベストイレブンを書くだけ。『今季のベストイレブンを書いてください』とも書いてない」

 投票システムそのものを見直すべきだと主張するワイナルドゥム。今回、FW陣で選ばれたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)を引き合いに、「例えば、ロナウドとメッシは良いシーズンでなかったとしても常に選ばれる。他にも選ばれるべき選手がいる」と不満を露わにしている。今年の年間ベストイレブンを巡り、腑に落ちない点が多々あったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング