153億円男フェリックス、“稲妻級”高速ドリブルの1枚に反響 「周りの世界を歪める」

アトレチコ・マドリードFWジョアン・フェリックス【写真:Getty Images】
アトレチコ・マドリードFWジョアン・フェリックス【写真:Getty Images】

セルタ戦で飛び出した高速ドリブルを捉えた1枚をリーガ公式ツイッターが公開

 ポルトガル代表FWジョアン・フェリックスは、今夏にポルトガル1部ベンフィカからスペイン1部アトレチコ・マドリードへ完全移籍。“クリスティアーノ・ロナウド2世”と期待される19歳には歴代3位となる1億2600万ユーロ(約153億円)の高額移籍金がつけられ、すでに初ゴールもマークしている。そんななか、リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターが、セルタ戦(0-0)で飛び出した高速ドリブルの瞬間を捉えた写真をアップし、「彼の早さは周りの世界を歪める」と反響を呼んでいる。

 フェリックスは2018年8月、ベンフィカでプロデビュー。ポルトガル1部で15得点といきなりの大ブレークを見せ、今夏に移籍金153億円でアトレチコへ渡った。

 8月18日に行われたリーガ・エスパニョーラ開幕節のヘタフェ戦(1-0)で3人抜きドリブルとともにPKを奪取して存在感を示すと、9月1日の第3節エイバル戦(3-2)では移籍後初ゴールを記録。開幕から5試合連続スタメン出場と、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)が去ったチームでレギュラーの座を手にしている。

 リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターが稲妻の絵文字付きで公開したのは、21日のセルタ戦のワンシーン。ドリブルを仕掛けるフェリックスに同僚のスペイン代表FWジエゴ・コスタが並走し、セルタのブラジル代表MFラフィーニャがそれを追いかける構図だが、スピード感と躍動感に溢れている。

 フェリックスは第2節終了時点で今季リーグ10位の時速32.94km/hを記録するなど、スピードも大きな魅力。投稿のコメント欄には、写真の背景になぞらえて「彼の速さは周りの世界を歪める」といった声もあがっていた。

 19歳の神童フェリックスが同胞のロナウドにどこまで近づく存在になれるか、今後の成長に期待が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング