元熊本MF田島、FC函館ナチャーロ加入が決定 地元の新興クラブで新たな挑戦へ

元ロアッソ熊本のMF田島翔は、来季からFC函館ナチャーロに加入することが決まった【写真提供:田島翔】
元ロアッソ熊本のMF田島翔は、来季からFC函館ナチャーロに加入することが決まった【写真提供:田島翔】

自らが営業に出向きスポンサーも獲得 地元でサッカースクールも開校予定

 元ロアッソ熊本のMF田島翔が18日、来季から地元のFC函館ナチャーロに加入することが決まった。

 田島は函館工業高校を卒業後、FC琉球やロアッソ熊本のほか、海外はスペイン、ニュージーランド、アメリカなどを渡り歩き、昨年からは韓国のソウル・ユナイテッドでプレーしていた。

 今回、地元クラブへ加入するにあたって、田島自らが営業に出向き、「株式会社ワイズストーリー」「五稜郭ガーデン」「居酒屋 美々」「無限キムチ」「株式会社菅原組」とスポンサー契約。今後は数社増え、ユニフォームスポンサーの広告掲載箇所はすべて埋まる予定だ。新たにスポンサーとなった株式会社ワイズストーリーの湯田真実代表取締役は、「サッカーを通じ地域を活性化させる活動と、“函館からJリーグ参入”という大きな目標への『はじまり』を株式会社ワイズストーリーは応援したい」とその理由を語っている。

 FC函館ナチャーロは、Jリーグ参入を目指して3年前に設立。函館4部リーグからスタートし、今年は飛び級で函館1部リーグ所属している。田島は設立当初からアドバイザーを務めていた。FC函館ナチャーロの福島隆吏代表は「クラブ創設からたくさんのアドバイスを戴いている田島さんに、選手としても関わって頂けることになりました。これまで多くの国とチームで培ってきた経験をナチャーロでも活かし、クラブの成長に貢献してくれると期待しています」と語っている。

 また、田島は11月から函館市と北斗市で「フットライズサッカーアカデミー」を開校し、小学生と中学生の指導にもあたるという。36歳で地元への帰還を決意した田島。“流浪”の元Jリーガーが、北の大地で新たな挑戦をスタートさせる。

<PROFILE>
田島 翔 1983年4月7日生まれ(36歳)

函館工業高校-クレメンティFC(シンガポール)-FC琉球-NKヴァルテクス(クロアチア)-TSKロセス(スペイン)-ロアッソ熊本-シュライカー大阪サテライト-オークランドシティFC(ニュージーランド)-マイアミユナイテッド(アメリカ)-ラスベガスシティFC(アメリカ)-ソウル・ユナイテッド(韓国)

■来季の選手募集

仕事の斡旋や住居の紹介もあり。お問い合わせは下記のメールアドレスまで。
fc.hakodate.nacharo.2017@gmail.com
募集要項: http://nacharo.club/information/

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング