中島翔哉、初陣勝利も「2点しか取れなかった」と反省 強烈ミドルは「得意なのかも…」

日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】
日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】

W杯予選初戦のミャンマー戦、日本は中島と南野のゴールで快勝

 日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選初戦の敵地ミャンマー戦に臨み、2-0の勝利を収めた。先制点となる右足のミドルシュートを決めたMF中島翔哉(ポルト)は、「2点しか取れなかった」と振り返っている。

 試合は前半16分、左サイドからカットインした中島が右足を振り抜き、強烈なミドルシュートでネットを揺らして先制ゴール。10分後の同26分にはMF堂安律(PSV)のクロスからMF南野拓実(ザルツブルク)がヘディングで追加点を奪取し、2-0の勝利を収めた。

 W杯予選の“初陣”を勝利で飾ったなか、中島は試合後のフラッシュインタビューで得点について問われ、「先制点を取ることはすごく大事」と得点の価値に言及。「個人的にもシュートは意識して練習していた。自然とああいう位置から打つと入るので、得意なのかもしれません」と明かしたうえで、敵地での一戦を振り返った。

「ミャンマーは本当にすごく頑張ってきて、僕たちは今日、2点しか取れなかったことは事実。これは実力ですし、自分が今どのレベルでプレーしているのかを受け入れて成長していきたい」

 W杯予選の初戦という、プレッシャーのかかる一戦でも結果を残した日本の「10番」中島。カタールW杯に向けた戦いにおいて、今後も頼りになる存在になってくれそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング