“悪童”バロテッリ、日本代表DF冨安と次節激突? ブレシアで加入後初ゴールをマーク

ボローニャDF冨安健洋(左)とブレシアに移籍したFWマリオ・バロテッリ【写真:AP & Getty Images】
ボローニャDF冨安健洋(左)とブレシアに移籍したFWマリオ・バロテッリ【写真:AP & Getty Images】

セリエAに4シーズンぶりの帰還、テストマッチで好調アピール

 今季から生まれ故郷のクラブ、イタリア・セリエAのブレシアに加入した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリがコンディションを上げているようだ。イタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」が報じている。

 バロテッリは昨季までフランス1部マルセイユで、日本代表DF酒井宏樹とも同僚だった。今季からは3シーズンぶりに母国へ戻り、故郷のブレシアでの活躍を誓う。現在のインターナショナル・マッチウィーク中に行われたフロジノーネとのトレーニングマッチで、加入後初ゴールを挙げてコンディションの向上が著しいとレポートされた。

 そして、このトレーニングマッチは「リーグ戦の次節ボローニャ戦に向けて、とても重要なテストだった」ともレポートされた。ボローニャには今季から日本代表DF冨安健洋が加入し、開幕2試合連続フル出場している。冨安にとってはセリエAにおいて、初めてビッグネームと対戦することで実力を試されるテストの場になる。

 現在、10日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の敵地ミャンマー戦に向けて日本代表に招集されている冨安は、ボローニャに戻るのが現地時間12日になると現地メディアではレポートされている。代表選手の宿命とも言える移動と調整の短さで迎える“悪童”とのマッチアップは、冨安にとっても腕試しの一戦になりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング