“韓国のメッシ”、シント=トロイデン移籍報道に韓国紙注目 「アジアに優しいクラブで…」

シント=トロイデンへの移籍が噂されるヴェローナFWイ・スンウ【写真:Getty Images】
シント=トロイデンへの移籍が噂されるヴェローナFWイ・スンウ【写真:Getty Images】

ヴェローナFWイ・スンウ、27日にシント=トロイデン移籍報道

 セリエAのエラス・ヴェローナに所属する韓国代表FWイ・スンウは、ベルギー1部シント=トロイデンへの完全移籍に迫っていると現地時間27日にイタリアのサッカー情報サイト「ジャンルカ・ディマルツィオ・コム」でレポートされた。この報道に韓国メディアも反応し、「欧州サッカー戦記の第3幕が始まる」と報じている。

 イ・スンウはスペインの名門バルセロナの下部組織出身で、“韓国のメッシ”の異名を取るバルセロナBでのデビューも果たしていたが、2017年にヴェローナへと移籍。昨季はセリエB(2部)で26試合1得点を記録していた。

 セリエAに昇格した今季、イ・スンウは背番号を「16」から「9」に変更。クラブからの期待も表れていたが、27日にシント=トロイデン移籍が濃厚と報じられた。韓国紙「中央日報」は「韓国期待の星イ・スンウ、欧州サッカー戦記の第3幕が始まる」として、次のように経緯を伝えている。

「イ・スンウは今夏、シント=トロイデンから複数回オファーを受けた。移籍市場の締め切りが迫った段階で、『存分にプレーしたい』というシンプルながら当然の目的のため、ベルギー行きを決心した」

 また、韓国紙「東亜日報」は「イ・スンウはヴェローナで主力争いを展開するという覚悟でシーズンを迎えた」と本来はセリエAで戦い続ける意向だったと紹介。しかし「セリエA開幕戦を欠場して雰囲気が急変」と、開幕戦のボローニャ戦でベンチ外となり、移籍に向かっていったことを伝えている。

 一方、日本企業が出資するシント=トロイデンには昨季5人の日本人選手が所属し、今季も日本代表GKシュミット・ダニエル、同MF伊藤達哉、FW鈴木優磨が所属していることもあり、韓国紙「スポーツ朝鮮」は「アジアに優しいクラブで、適応には問題がないはずだ」と新天地へのフィットもスムーズになると見ている。

 また、同紙はシント=トロイデンが今季開幕から5試合中4試合で無得点に終わっていることを指摘し、「シント=トロイデンがイ・スンウを望んでいた理由」とした。シント=トロイデンにとっては得点力不足解消、イ・スンウにとっては出場機会の確保が目下の目的。両者の思惑が一致し、移籍成立に向かっているようだ。

 

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング