インテルFWイカルディ、“お騒がせ妻”がチーム練習合流を求めて法的措置を検討

 イカルディの代理人である妻のワンダ・ナラ氏(左)【写真:Getty Images】
イカルディの代理人である妻のワンダ・ナラ氏(左)【写真:Getty Images】

公式に構想外を言い渡されているなか、ワンダ・ナラ氏が専門家たちから情報収集

 インテルから公式に“構想外”をアナウンスされている前主将のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディについて、代理人で妻のワンダ・ナラ氏が新たな火種を起こそうとしているという。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、ワンダ・ナラ氏が法的措置の検討を始めたと報じた。

 イカルディは昨季シーズンに契約延長を巡ってクラブと対立。代理人で妻のワンダ・ナラ氏もSNSでクラブに批判的なメッセージを連発したことで炎上し、当時のルチアーノ・スパレッティ監督から主将の座をはく奪された。その後、ユベントスからやってきたジュゼッペ・マロッタCEOと今季就任したアントニオ・コンテ新監督は、公式にイカルディが「プロジェクトから外れている」というコメントを発している。

 そうしたなかで、イカルディは新たにマンチェスター・ユナイテッドから獲得したベルギー代表FWロメル・ルカクに「9番」も奪われる形になり、さらにチーム練習にも参加できていない状態だという。

 ワンダ・ナラ氏はその状況に法的措置を検討。それは、チームでのトレーニングに合流するものを求めるものだとしている。多くの弁護士やスポーツ法に詳しい専門家から情報を収集している段階にあるとした。

 イカルディは夏の移籍市場で国内移籍を希望。その理由の一端には、ワンダ・ナラ氏がミラノを離れたくないことがある。昨季中には生出演したテレビ番組で、元イタリア代表アントニオ・カッサーノ氏に「この状況は、お前のせいだ」と面と向かって痛罵されたお騒がせ妻だが、法的措置に訴えてイカルディの状況を改善することはできるのだろうか

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング