ユーベ会長、韓国側のC・ロナウド欠場批判に怒りの反論 「こんな経験をしたことはない」

韓国のユベントスサポーター【写真:AP】
韓国のユベントスサポーター【写真:AP】

アニェッリ会長、ロナウドの欠場はコンディションの問題と説明

 イタリア・セリエA王者ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長は、7月26日に行われた韓国・Kリーグ選抜との親善試合にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが欠場したことで浴びせられている非難について、韓国側の運営に矛先を向けて怒りの反論を行っている。イタリアメディア「カルチョ・フィナンザ」が報じている。

 ユベントスは26日にソウルで行われた試合で、Kリーグ選抜と対戦した。この試合について、主催者側はロナウドが少なくとも45分間出場する契約をユベントスと結んでいたと一部で報じられている。しかしロナウドは欠場し、韓国のサッカーファンは「精神的苦痛」を理由に損害賠償の訴訟を起こすに至った。

 Kリーグからの正式な抗議文も7月30日に届いたとされるなか、翌日になってアニェッリ会長は怒りの反論を行った。

「1人を除く全員がプレーした。ロナウドは我々の医療スタッフにより、筋肉の疲労により休養が必要とアドバイスがあった。彼はソウルでの試合のわずか48時間前に、南京で行われたインテル戦でプレーした。そのためKリーグの会長、私たちが常に尊重するファンに対する無責任な行動、傲慢および軽蔑があったという告発を、絶対的に拒絶する」

 アニェッリ会長はロナウド欠場の理由がコンディションの問題があったためだと説明し、韓国を軽視したからという憶測について否定した。さらに、アニェッリ会長は韓国側の運営の不備について複数の項目を挙げて指摘している。

 まずはユベントスのチームがソウルの空港を出るのに2時間以上かかったことを指摘し、ホテルへの到着が16時30分になり「休息を取ることや、試合前のルーティーンを行う時間が全くなかった」とした。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング