レアル久保建英、華麗フェイント弾に反響拡大 「日本のメッシがスターたちを困惑させた」

MF久保建英【写真:Getty Images】
MF久保建英【写真:Getty Images】

足裏フェイントでGKナバスを翻弄、鋭いドリブルで相手を抜き守護神から2ゴール

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ移籍した日本代表MF久保建英はトップチームの北米遠征に帯同しているなか、トレーニングで鮮やかなフェイントから2ゴールを決めてインパクトを残した。クラブ公式がゴール映像を公開し、海外メディアは「スターたちを困惑させた」「才能を誇示した」と日本の18歳アタッカーを称えている。

 久保はレアルB(カスティージャ)の所属ながら、トップチームの北米遠征メンバーに選出。スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやウェールズ代表FWギャレス・ベイル、ブラジル代表DFマルセロ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマらとともに一路カナダへ向かった。

 バイエルン(現地時間20日/ヒューストン)、アーセナル(23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに向けて調整を進めており、現地時間14日のトレーニングで久保が存在感を示す。

 1点目の場面では、左サイドから中央にパスが入った瞬間、久保は3人目の動きで縦へ抜け出してボールを受ける。守護神のコスタリカ代表GKケイラー・ナバスと1対1の場面を迎え、左足でシュートを放つと見せかけた久保だが、足裏でボールを転がして名手をいなすと、タイミングをずらして右足で冷静にゴールを決めた。

 また2点目も流麗な動きから生まれている。ゴール前に侵入した久保が華麗なまたぎフェイントで対峙した相手を抜き去り、再びGKナバスと対面。わずかに空いたコースを見逃さず、久保は左足アウトサイドの絶妙なキックでネットを揺らした。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング