アザールはレアルで背番号「23」を希望か ベッカムも背負った番号を要求する真意とは?

レアル・マドリードのMFエデン・アザール【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのMFエデン・アザール【写真:Getty Images】

噂されたC・ロナウドの「7番」ではなく…「23」へこだわる意外な理由

 今夏、チェルシーからレアル・マドリードに移籍したベルギー代表MFエデン・アザールだが、その背番号は注目の話題となっており、スペイン紙「マルカ」はアザールが“23番”を希望していると報じている。

 アザールはベルギー代表やチェルシーで10番を付けており、その番号が好きなことは公に知られている。しかし、レアルでは2018年にバロンドールにも輝いたクロアチア代表MFルカ・モドリッチが付けていた。そのため、かつてのエースである元スペイン代表FWラウル・ゴンザレスやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが付けた7番になるのではないかとも噂されていた。

 しかし記事によると、アザールが希望する背番号は「23」だという。レアルの23番といえば、元イングランド代表MFのデビッド・ベッカム氏が付けたことで有名。“バスケ狂”で知られるアザールにとっては、バスケットボールNBAのスーパースターだった元シカゴ・ブルズのマイケル・ジョーダン氏をはじめ、レブロン・ジェームズも付けている番号であることのほうが重要なようだ。昨季、レアルではスペイン人DFセルヒオ・レギオンが付けていた番号になる。

 アザールは、レアルへの加入発表会見の際、番号なしのユニフォームで登場した。この時は7番を付けることが予想されていたが、現7番のドミニカ代表FWマリアーノ・ディアスはクラブに残留することを望んでおり、その番号をキープしたい意向があるようだ。なお最近でレアルの23番を付けたビッグネームは、スペイン代表MFイスコになる。

 また、2019-20シーズンからはドイツ・ブンデスリーガのドルトムントに所属する弟のベルギー代表MFトルガン・アザールが、かつて同クラブで日本代表MF香川真司が背負った23番を付けることとなっており、エデンの23番が実現すれば、異なるクラブで兄弟揃って同じ番号を背負うことになる。

 アザールは、ジョーダンやレブロン・ジェームズがバスケットで見せたような成功をマドリードで果たし、“レアルの23番”を自身の番号にできるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング