“崖っぷち”アルゼンチンを救った21歳FW 2位通過に安堵も「攻略し切れたとは言えない」

アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス【写真:AP】
アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス【写真:AP】

開始4分で先制弾のマルティネス 「勝つしかなかったから安堵している」

 コパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグB組最終節が現地時間23日に行われ、アルゼンチンはカタールに2-0で勝利し、1勝1分1敗の勝ち点4でグループ2位通過を決めた。アルゼンチンを救った21歳のFWラウタロ・マルティネスは安堵を口にしていたようだ。スペイン紙「マルカ」のアルゼンチン版が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2試合終了時点で勝利がないアルゼンチンは、この日勝たなければ決勝トーナメント進出が厳しい状況だった。そのプレッシャーを打ち破ったのは前半4分のこと。ポゼッションを重視するカタールの後方でのビルドアップミスをマルティネスが見逃さずパスカット。相手GKとの1対1をきっちりと決めて幸先良く先制した。

「連動してプレスとアタックを仕掛けて、序盤でゴールを奪うことができた。勝つしかなかったから、僕らは安堵しているよ。前半に関してはいいプレーができた。ただそれでも彼らを攻略し切れたとは言えないけどね。グループステージ突破をできたから幸せだよ」

 マルティネスがこのように話すとおり、先制点を奪ってからのアルゼンチンはまずまずのペースで試合を進めたが、後半に入ってからはアジア王者カタールにリズムを取られる展開となった。それでも絶対的エースのFWリオネル・メッシ、FWセルヒオ・アグエロが個の能力を発揮し始めると、後半37分にはアグエロが鮮やかなドリブルシュートを叩き込んで勝負あった。

「今日に関しては(メッシとアグエロとの関係性が)とても上手くいったと思う。次の相手はここ最近対戦して、とてもタフな相手だけどね」

 マルティネスはこのようにも語っている。両エースとの連動が向上したこととともに、準々決勝の相手となるベネズエラに警戒心を高めているが、悲願のタイトル獲得へ、アルゼンチンはようやく良い流れを手に入れたといってよさそうだ。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価