日本代表、ウルグアイ戦「抜群に良かった」2選手は? ブラジル人記者も「感銘受けた」

ウルグアイ戦で2-2と引き分けた日本代表【写真:Getty Images】
ウルグアイ戦で2-2と引き分けた日本代表【写真:Getty Images】

現地取材したブラジル人記者が日本代表選手に言及 「本当に素晴らしいプレー」

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループステージ第2戦ウルグアイ戦で2-2と引き分けた。この一戦を現地で取材したブラジル人記者は「抜群に良かった」という日本人選手2人の名前を挙げている。

 17日のチリ戦で大会連覇中の南米王者に0-4の大敗を喫した日本は、続くウルグアイ戦でも4-2-3-1システムを採用。序盤から激しい攻防を繰り広げるなか、前半25分にMF三好康児(横浜F・マリノス)がドリブル突破から強烈な右足シュートを叩き込んで先制。同32分、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認からPKを献上し、これをFWルイス・スアレス(バルセロナ)に決められて追いつかれた。

 それでも後半14分、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)のクロスをGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)が弾き、三好が詰めて再び日本がリードを奪う。だが後半21分、CKからDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)に決められて2-2ドローに終わった。

 会場のアレーナ・ド・グレミオで観戦したブラジルのラジオ局「グアイバ」のブラジル人記者カルロス・グイアマラエス氏は、「日本代表なかで、特にあの2人は本当に素晴らしいプレーを見せていて感銘を受けたよ」と語り、日本人2選手の名前を挙げながら次のように続けている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング