完敗の日本代表、英記者が「チリ戦先発11人」を採点 単独最低点で酷評されたのは?

久保には単独トップの7点 「ボールを持った際には常に脅威」

【MF】
柴崎 岳(ヘタフェ) 6点
 キャプテンにとっては複雑な夜に。チリ守備陣を上質なパスで幾度も瓦解させたが、あまりに安っぽいボールロストが散見された

中山雄太(PECズヴォレ) 5点
 百戦錬磨のチリの中盤相手に、ほとんど無力だった。

前田大然(松本山雅FC) 6点
 ハードワークを魅せた。久保の危険な推進力を引き出すために、守備での帰陣も厭わなかった。

久保建英(FC東京→レアル・マドリード) 7点
 この夜、日本最高のパフォーマー。前線のFWの動きを生かすパス供給能力も見せた。ボールを持った際には常に脅威となり、チリ守備陣にとって危険な存在となった。

中島翔哉(アル・ドゥハイル) 5点
 良さも悪さも見えた一戦。チリ守備陣にトラブルを与える動きも見せたが、ボールロストがあまりに安易で頻繁だった。

【FW】
上田綺世(法政大) 5点
 日本の最高の決定機で3度もミス。試合の結果を左右する決定力不足だった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング