【日本代表対談|後編】ビーチサッカー茂怜羅オズ×フットサル滝田学 ~夢を掴むために~

ともに日本代表を背負い、チームをけん引する存在だ【写真:Noriko NAGANO】
ともに日本代表を背負い、チームをけん引する存在だ【写真:Noriko NAGANO】

滝田「年齢的にもう、キャプテンかどうかはあんまり関係ないけどね」

 2019年3月17日、ビーチサッカー日本代表はAFCビーチサッカー選手権タイ2019(ワールドカップ予選)でアジアの頂点に立った。キャプテンとしてチームを引っ張った茂怜羅オズは、サッカー元日本代表MFラモス瑠偉監督との約束通り、大会MVPと得点王に輝いた。一方、フットサル日本代表史上初のアジア2連覇達成メンバーである滝田学もまた、日本代表キャプテンとしてチームの先頭に立ち戦った1人だ。

 日本代表を背負う2人は、今年33歳であることをはじめ、共通点が多い。どのように日本代表に選ばれ、どんな思いでアジアチャンピオンになったのか。それぞれの日本代表チームをけん引する2人が語り合った (#前編)

   ◇   ◇   ◇

滝田 今キャプテンでしょ? 僕は、2014年、2016年大会(AFCアジアフットサル選手権)でキャプテンだったけど、今はキャプテンを支える副キャプテンみたいな感じ。僕は引っ張っていくタイプではないし、キャプテンの次くらいが一番向いてるかな。年齢的にもう、キャプテンかどうかはあんまり関係ないけどね。

オズ そうね。自分の性格は、いつもリーダーシップを持ってやってた気がする。代表に初めて入った時はキャプテンじゃなかったけど、審判や対戦相手と話したりして、チームを引っ張っていく性格があるのをラモスさんが気づいて、キャプテンにした。キャプテンになると責任感がもっとあると思う。周りも見てるし、やることもみんな見てるっていうのもある。でも、チームを引っ張っていくことが好き。

滝田 見てて、オズは、根っからのキャプテンのような気がするな。僕が人生の中で一番嬉しかったのは、アジア(AFCアジアフットサル選手権)で2連覇した時。日の丸をつけて優勝するっていうのは、何にもかえられない嬉しさがある。

 ずっとイランが優勝してて、2006年に先輩たちが初めて優勝するという歴史を作った。自分が代表に入って、2010年に3位になって、2012年に優勝。そこで世代交代して、2014年は、初めて2連覇のチャンスがあるってことで、すごくモチベーションがあった。そんななかで、フットサル日本代表史上初の2連覇ができて、それはもう嬉しかった。次の2016年大会は、ワールドカップ(W杯)予選も兼ねていて、そこで3連覇を、っていうところだったけど、それが最悪の結果で終わった。だから、人生で一番嬉しかったのも代表でのことだし、一番悲しかったのも代表でのこと。

今、あなたにオススメ

トレンド