“屈辱的惨敗”を象徴する瞬間に英紙騒然 取り乱したアーセナルMFが「ベンチで号泣」 

アーセナルMFトレイラ【写真:Getty Images】
アーセナルMFトレイラ【写真:Getty Images】

途中交代のトレイラが涙を流しながらピッチを退き、ベンチで号泣する姿が話題に

 アーセナルは現地時間29日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝でチェルシーと対戦し、1-4と大敗を喫し、準優勝に終わった。“ビッグロンドン・ダービー”のファイナルで4失点の惨敗を喫したことで、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラが途中交代でピッチを退いた際にベンチで号泣していた姿が英国内で話題を呼んでいる。

 前半は互角の戦いを演じていたものの、後半4分にフランス代表FWオリビエ・ジルーにダイビングヘッドで先制点を奪われると、張っていた糸が切れたかのように同15分にFWペドロ・ロドリゲス、同20分にベルギー代表MFエデン・アザールにゴールを奪われ、3連続失点を喫することに。同24分にナイジェリア代表FWアレックス・イウォビが1点返すも、同27分に再びアザールにネットを揺らされ、万事休すとなった。

 アーセナルの悲惨な崩壊劇を象徴するようなワンシーンがあった。0-3で迎えた後半22分に途中交代を命じられた際、涙を拭いながらピッチを去り、足早にベンチへ向かって座り込むと、俯きながら号泣している姿をカメラに抜かれていた。この光景に英各紙紙もこぞって反応。英紙「デイリー・ミラー」は「チェルシーの大爆発を受け、落胆を隠すことができなかった」と綴っている。

 また、英紙「ザ・サン」は「屈辱に取り乱したトレイラが涙しながらピッチを退き、ベンチで号泣」と見出しを打って報じ、アーセナルファン全員の心情を体現している姿として紹介していた。今季のプレミアリーグを5位で終えていたアーセナルは、EL優勝を逃したことで来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権も逃すという、あまりに代償の大きい惨敗となってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング