「さよならを告げる」 アザール、EL優勝後に去就の決定的発言…チェルシーで有終の美

チェルシーMFエデン・アザール【写真:Getty Images】
チェルシーMFエデン・アザール【写真:Getty Images】

EL決勝がラストゲームか アザールがチェルシー退団について言及

 チェルシーは現地時間29日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝でアーセナルと対戦し、4-1で大勝を収めた。“ビッグロンドン・ダービー”で2ゴール1アシストと大車輪の活躍を残したベルギー代表MFエデン・アザールは試合後、騒がれている去就について「さよならを告げることになると思う」と退団に迫っていることを自らの口で明かした。英各メディアがコメントを伝えている。

 今季のプレミアリーグを3位で終えたチェルシーと5位のアーセナルによる同国対決となったファイナルは、前半をスコアレスで折り返したものの、後半には順位の差が浮き彫りとなる。後半4分にフランス代表FWオリビエ・ジルーのダイビングヘッドで先手を取り1-0 で迎えた同15分、左サイドを突破したアザールが相手守備陣の隙を突いたパスをゴール前に供給し、走り込んだFWペドロ・ロドリゲスの追加点をお膳立てした。

 さらに後半20分に得たPKをアザールが冷静に流し込むと、同24分に1点を返されるも、直後の同27分にジルーの浮き球のクロスをアザールが左足のボレーで叩き込み、再び3点差に突き刺した。試合はそのまま終了し、アザールは2ゴール1アシストと別格の存在感を示してチェルシーを6シーズンぶりの欧州タイトルに導いた。

 試合後、ピッチで優勝インタビューを受けたアザールは、レポーターに今後の去就について尋ねられると、濁すことなく退団の可能性が高まっていることを明かした。英放送局「BTスポーツ」のインタビューを引用し、英公共放送「BBC」は「サッカー界では何が起こるか分からない。しかし、さよならを告げることになると思う」とアザールのコメントを速報で伝えている。

 また、英紙「ザ・サン」もアザールの発言を取り上げており、「僕の夢はプレミアリーグでプレーすることだった。そして、世界最大のクラブの1つで7年間もプレーすることができた。今、新たな挑戦に臨むタイミングが来たかもしれないね」と、欧州タイトルで今季を締め括ったことにより、心置きなくチェルシーを去ることができる様子を見せていた。長年にわたりチェルシーの絶対的エースを務めてきたアザールだが、EL優勝という最高の置き土産を残し、チームを去る可能性が高いようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング