チェルシー、6年ぶり2度目のEL制覇! アーセナルとの同国対決で4-1圧勝を収める

2得点を挙げたチェルシーMFアザール【写真:Getty Images】
2得点を挙げたチェルシーMFアザール【写真:Getty Images】

後半4分にジルーのゴールで先制 アザールの2得点で突き放す

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝のチェルシー対アーセナルが、現地時間29日にアゼルバイジャンのバクーで開催された。後半に猛攻で4得点を奪ったチェルシーが4-1で同国対決を制し、2012-13シーズン以来2度目の優勝を果たした。

 ロンドンを本拠地とするライバル同士の一戦、チェルシーは負傷で欠場の不安もあったフランス代表MFエンゴロ・カンテがスタメン入りし、フランス代表FWオリビエ・ジルーが最前線に入る4-3-3システムでスタート。対するアーセナルはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの2トップに、元ドイツ代表MFメスト・エジルがトップ下を務める3-5-2システムを採用した。

 前半を0-0で折り返し、均衡が破れたのは後半4分だった。チェルシーが中央のMFマテオ・コバチッチから左サイドのDFエメルソンに展開し、アーリークロスを中央に供給。DFの前に走り込んだジルーがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。同15分にはコバチッチとMFエデン・アザールの連携で左サイドを崩すと、グラウンダーのパスをFWペドロ・ロドリゲスが左足で合わせ、これがゴール右隅に決まった。

 さらに同19分、チェルシーはエリア内でラストパスを受けたジルーがMFエインズリー・メイトランド=ナイルズに倒されてPKを獲得。エースのアザールがこれをきっちりと成功させ、リードを3点に広げた。

 アーセナルは3失点目の直後に投入されたFWアレックス・イウォビが強烈なミドルシュートを叩き込んで1点を返したが、これも焼け石に水。同27分にはジルーのお膳立てからアザールがこの日2点目をゲットした。EL決勝で実現した注目の「ビッグロンドン・ダービー」は、圧倒的な攻撃力を見せたチェルシーが4-1で勝利を収めた。

 チェルシーは元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)らを擁した12-13シーズン以来6季ぶりの欧州タイトル。マウリツィオ・サッリ監督は就任1年目で自身初のメジャータイトルを獲得した。1得点1アシストにPK奪取と出色の出来だったジルーは11ゴールで大会得点王に輝いた。

 一方、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指したアーセナルは無念の敗北。今季限りで引退する元チェコ代表GKペトル・チェフのラストゲームでもあった重要な一戦は屈辱的な大敗に終わった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング