ミラン、ガットゥーゾ監督の退任とレオナルドSDの辞任を発表 いずれも後任は未発表

ミラン、ガットゥーゾ監督(左)の退任とレオナルドSD(右)の辞任を発表【写真:Getty Images】
ミラン、ガットゥーゾ監督(左)の退任とレオナルドSD(右)の辞任を発表【写真:Getty Images】

マルディーニ氏の去就も不透明 OB中心の再建プランは1シーズンで頓挫

 イタリアの名門ACミランは現地時間28日、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の退任と、元ブラジル代表MFレオナルド氏がスポーツ・ディレクター(SD)を辞任したことを正式に発表した。

 ミランは今季に向け、昨季までの中国資本から米ファンド「エリオット・マネジメント」が経営権を取得。クラブOBで黄金期を知る元イタリア代表MFガットゥーゾ監督を留任させ、レオナルド氏も強化責任者に迎え入れてシーズンをスタートした。

 しかし、ストライカー補強の目玉としてユベントスから期限付き移籍で獲得したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインと半年で契約を打ち切るなど、補強のちぐはぐさは否めなかった。そして冬の移籍市場ではジェノアでブレークしたポーランド代表FWクシシュトフ・ピオンテクを緊急補強して後半戦を戦った。

 最終的にミランはリーグ最終節まで4位以内での来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得の可能性を残したものの、わずか勝ち点1届かずに5位で終了。来季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)への出場となる。

 シーズン終盤からガットゥーゾ監督の退任とレオナルド氏がクラブを離れることはイタリアメディアによって確度の高い予測として報じられていたが、シーズンが終了した時点で正式に発表されることになった。

 いずれのポストも後任は現時点で発表されておらず、昨年12月にやってきた元アーセナルのイヴァン・ガジディスCEO(最高経営責任者)を中心に人選を進めることになる。

 シーズン途中にはクラブのレジェンドでもある元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏も強化部入りしたが、その去就も取りざたされている。ミランは黄金期を知るOBを入閣させて名門復権を狙ったが、わずか1シーズンで頓挫。出直しを強いられることになった。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング