エールディビジの“タレント5傑”、堂安も英メディア選出 「ファン・ダイクの足跡を…」

フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】
フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】

メッシを引き合いに出して紹介、記事では今夏の移籍市場での動きについても言及

 オランダ1部のエールディビジは今季、2014年以来となるアヤックスの優勝で幕を閉じた。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも躍進を果たしたアヤックスが強烈な印象を残すシーズンとなったが、エールディビジは才能の宝庫でもあり、夏の移籍市場を前に欧州各国のクラブが熱視線を向けている。英メディア「Squawka」は「アヤックス以外でエキサイティングなエールディビジのタレント5人」と題して特集を組み、フローニンゲンの日本代表MF堂安律も選出している。

 記事では、「エリック・テン・ハーグ監督率いるアヤックスは素晴らしいタレントの宝庫だが、彼らの多くは今夏にもクラブに別れを告げるだろう」と前置きし、欧州内で才能の供給元となっているエールディビジの立ち位置を説明。そのうえで、「エールディビジはアヤックスだけではない。リーグ内には多くのタレントがひしめいている」として“アヤックス以外”の有望株5選手を紹介した。

 今季2位のPSVからオランダ人FWステフェン・ベルフワイン、メキシコ代表MFイルビング・ロサーノ、スペイン人DFアンヘリーノの3選手を選出。レアル・マドリードからフィテッセにレンタル中のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールも名を連ねるなか、リストに入ったのが堂安だ。

 今季30試合5得点の成績を残した堂安について、「Squawka」はリバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの出身クラブであるフローニンゲンに所属していることに注目。「ファン・ダイクの足跡をたどることが期待されている」と紹介し、さらに「左利き、シャープなドリブル、低い重心。リオネル・メッシとの比較もなされている」とも言及した。

 記事では今夏の移籍市場についても触れ、「マンチェスター・シティがアタッカーを探しており、堂安はジョゼップ・グアルディオラ監督の下で伸びる可能性が高い」と指摘。「プレミアリーグでなければ、(アルゼンチン代表FW)パウロ・ディバラを失うであろうユベントスに行くかもしれない」と伝えている。

 リーグ屈指の将来有望な選手と見られている堂安。今夏の動向には欧州も注目している。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング