名古屋FWが華麗な“胸トラ”ドライブボレー! 2戦連続の美技に称賛「何度見ても美しい」

名古屋FWマテウス【写真:Getty Images】
名古屋FWマテウス【写真:Getty Images】

ブラジル人FWマテウスが川崎戦で2試合連続のスーパーゴール

 名古屋グランパスのブラジル人FWマテウスが、17日に行われたJ1リーグ第12節の川崎フロンターレ戦(1-1)で華麗な先制ゴールを叩き込んだ。試合を中継した「DAZN」の公式ツイッターは、このゴールシーンについて「何度見ても美しい先制弾」と綴り称えている。

 前節終了時点で2位の名古屋がアウェーに乗り込み、4位川崎と激突した注目の上位対決。スコアが動いたのは、前半終了間際の45分だった。名古屋は自陣左サイドからのFKで、キッカーを務めたDF丸山祐市が左足でロングボールを前線に送ると、これをFWジョーが川崎DFジェジエウとの競り合いに勝利。ボールはフワリと左後方に飛び、フリーで待ち構えたマテウスへの絶妙な落としとなった。24歳のブラジル人レフティーは、これを胸トラップでコントロールすると、詰めてくる相手DFより早くボールをピッチに落とさずに左足を一閃。お手本のような美しいキックフォームから放たれた強烈な一撃は、ドライブ気味にゴール右上隅に突き刺さった。

 この鮮やかな一撃を、DAZN公式ツイッターはゴール裏の別角度の映像とともに、「2試合連続スーペルゴラッソ!!」「何度見ても美しい先制弾」とマテウスの先制ゴールを称賛した。また、Jリーグ公式YouTubeチャンネルでこのゴール動画が公開されると、コメント欄では「間違いなく週間スーパーゴール」「エグい」「2試合連続ゴラッソはヤバい」「ここはプレミアリーグですか?」など、ファンの間でも反響を呼んでいた。

 マテウスは12日に行われた前節の浦和レッズ戦(2-0)でも、前半17分にジョーの落としから目の覚めるような約20メートルの弾丸ミドルシュートを決めていた。J2の大宮アルディージャから今季加入し、序盤戦は控えだったものの、浦和戦で今季リーグ戦初先発を飾ると圧巻の2試合連続ゴール。上位に躍進する名古屋で、今後さらなるスーパープレーを見せてくれるかもしれない。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング