侮辱行為? 360度ダンス風フェイント…世界で反響拡大「最も奇妙で最も異常なスキル」

MFツァーボ・カリンゲ【写真:Getty Images】
MFツァーボ・カリンゲ【写真:Getty Images】

南アフリカ1部パイレーツMFカリンゲが繰り出した衝撃フェイントが話題

 南アフリカ共和国で珍フェイントを駆使したドリブルが生まれ、海外で反響が拡大している。同国1部オーランド・パイレーツFCが11日にポロクワネ・シティと対戦して3-0と快勝したなか、まるでダンスを踊るような“360度フェイント”が注目を集め、その一部始終を捉えた映像が拡散している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 パイレーツは前半7分、21分、42分と前半だけで3点を奪うなど、本拠地で攻撃力を発揮。後半30分から途中出場したパイレーツの27歳MFツァーボ・カリンゲが後半アディショナルタイムに驚くべきスキルを見せつけた。

 自陣のハーフウェーライン付近からドリブルを開始したカリンゲ。3点差で試合終了間際という状況も相まって、諦め気味の空気を醸し出した相手のプレッシャーは緩く、カリンゲはフリーの状態で持ち上がる。すると余裕を見せつけるように、正面、横、後ろのさまざまな角度から股抜きフェイントを繰り出した。その間、ボールとダンスするような軽やかなステップを刻んだ。

 珍フェイントは注目の的となり、英メディア「スポーツ・バイブル」は「カリンゲの360度ターンは、史上最もクレイジーなスタンドプレー」と伝え、「彼はプレッシャーに晒されておらず、最も奇妙で最も異常なスキルを生み出した」と記している。

 その一方、奇怪なフェイントが侮辱行為にあたるという声も上がり、スペイン紙「AS」は「リスペクトの欠如、それとも少しばかり楽しんだだけ?」と言及。「ポロクワネの選手から批判を受けている」としながらも、「これこそ観客がお金を出すべきプレーでは?」と意見を投げかけている。驚愕の珍フェイントは賛否両論となっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き