堂安律、バー直撃の25m超“衝撃ミドル弾”に称賛の嵐 「世界的ゴール」「なんて一撃だ」

フローニンゲンMF堂安【写真:Getty Images】
フローニンゲンMF堂安【写真:Getty Images】

今季リーグ戦の節目となるメモリアル弾…映像公開にファンから相次ぐ賛辞

 オランダ1部フローニンゲンの日本代表MF堂安律は、現地時間12日のリーグ第34節フォルトゥナ・シッタルト戦で約5カ月ぶりの得点を挙げ、3-0の勝利に貢献した。今季エールディビジで生まれた1000ゴール目の節目となる衝撃ミドル弾の映像が公開されると、ファンも「なんて一撃だ」「最も美しいゴール」「世界的ゴール」と絶賛の嵐となっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前半からフローニンゲンの攻撃に鋭さを加えた堂安は、1点リードで迎えた後半8分に驚くべきプレーを見せて会場を熱狂の渦に巻き込んだ。

 敵陣のセンターサークル付近でボールを持った20歳の日本人アタッカーは、左足で小刻みにボールをタッチしてボールを持ち運び、後方から足を延ばした相手を振り切って中央にカットイン。するとゴールまで約25メートルの位置から思い切り良く左足を振り抜き、豪快なミドルシュートを放つ。ボールはバーを直撃しながらネットに吸い込まれ、スーパーゴールにホームスタジアムのボルテージは最高潮に達した。

 堂安は昨年12月以来、約5カ月ぶりとなる今季リーグ戦5得点目を決め、この一撃が今季のエールディビジ通算1000得点目にあたるメモリアルゴール弾となった。衛星放送「FOXスポーツ」オランダ版の公式インスタグラムがゴール映像を公開すると、ファンから賛辞が相次いだ。

「ナイスタイミング」
「よくやった」
「なんて一撃だ」
「ロケット」
「今季最も美しいゴール」
「思い出に残る瞬間」
「世界的ゴール」

 現在8位のフローニンゲンは、UEFAヨーロッパリーグ出場権を争うプレーオフ出場(4位~7位)を懸けて15日に最終節でエメンと対戦する。堂安は2試合連続ゴールを決めて望みをつなげられるだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」