リバプールに奇跡を呼んだ“魔力” アンフィールドの観客は単なる「お客さん」ではない

アンフィールド前にあるビル・シャンクリー氏の銅像【写真:Getty Images】
アンフィールド前にあるビル・シャンクリー氏の銅像【写真:Getty Images】

「THIS IS ANFIELD」の一言で十分

 ファンからの手紙にはマメに返事を書き、時には自宅に招いて議論した。シャンクリーは今日のリバプールの礎を作った人だが、アンフィールドの選手とファンの距離感は、彼の影響が強いのではないかと思う。やはり最初は「人」なのだ。

 ヘイゼルとヒルズボロ。リバプールは2つの悲劇も乗り越えてきた。シャンクリーがコツコツと築いてきたクラブとファンの絆があったからだろう。選手たちがフィールドへ向かう通路、嫌でも目に入る場所に、プレートを付けたのもシャンクリーのアイデアだという。

「THIS IS ANFIELD」

 書かれているのはそれだけだが、それで十分なのだ。

【PR】CL決勝はDAZN独占放送! トッテナムvsリバプールのプレミア対決をDAZNで!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング