「称賛されるべき惨状」 フランクフルトFW、ゴールパフォ失敗…まさかの“つまずき”反響

先制ゴール挙げたFWヨビッチ【写真:AP】
先制ゴール挙げたFWヨビッチ【写真:AP】

チェルシー戦のゴールセレブレーションでまさかの“失敗” 「泥の塊を背後に残した」

 フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチは、今季のブンデスリーガとUEFAヨーロッパリーグ(EL)でゴールを量産し、ビッグクラブの注目を集めている。現地時間2日のEL準決勝第1戦チェルシー戦でも先制ゴールを決めるなど実力を改めてアピールしたが、ゴールセレブレーション失敗が話題を呼んでいる。

 今季ブンデスリーガで17得点、ELでも準々決勝までに8得点と大ブレークを果たしているヨビッチは、ホームのチェルシー戦でも輝きを見せる。前半23分、自身が起点となってチャンスを創出すると、左サイドのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチからのクロスに頭で合わせ、絶妙なコースのシュートでGKケパ・アリサバラガの守るゴールを打ち破った。

 技ありの先制ゴールを決めたヨビッチは、コーナーフラッグめがけて走り出し、歓喜の“膝スライディング”を試みた。しかし片足が芝生に取られ、左足を軸にくるりと1回転。そのまま綺麗な着地を見せて何食わぬ顔でチームメートとゴールを祝ったが、この微笑ましい失敗にはゴールへの称賛とともに、欧州諸国から反応が寄せられている。

 フランスメディアの「RMCスポーツ」は「フランクフルトのヨビッチがセレブレーションで重大なミス」と見出しを打ち、「(チェルシーMF)アザールのように膝から滑ろうとしたが、芝生につまずき泥の塊を背後に残した」と伝えた。また英メディア「JOE」は「称賛されるべきゴールと、同じく称賛されるべき膝スライディングによる惨状」とコミカルな一幕を表現している。

 もっとも、負傷の可能性もあっただけに、無事にセレブレーションを終えたことは不幸中の幸いと言うべきだろう。バルセロナやレアル・マドリードからの関心が報じられ、今夏にステップアップする可能性もあるヨビッチ。第2戦でもゴールを決めて、チームを決勝に導くことはできるだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング