イニエスタの華麗タッチ、久保建英の幻惑フェイント選出…「J1今節ドリブルスキル4傑」

神戸MFイニエスタ(左)、FC東京MF久保建英(右)【写真:Getty Images】
神戸MFイニエスタ(左)、FC東京MF久保建英(右)【写真:Getty Images】

J1第9節から4人の圧巻テクニックを特集…イニエスタ、ジャーメイン、長谷川が登場

 平成最後のJ1リーグ開催となった4月27日・28日の第9節でさまざまな好プレーが生まれたが、「Omnisport」が9試合の中から「ドリブルスキル4傑」を特集。4人のプレーヤーが見せた圧巻のテクニックをピックアップし、映像とともに紹介している。

 1人目で登場したのがヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタだ。本拠地での川崎フロンターレ戦(1-2)、敵陣中央で前方を向きながらボールを保持するなか、相手が猛然とプレスバック。イニエスタはまったく動じることなく、右足で内側にタッチすると同時に、左足で後方にボールを流す。イニエスタらしい華麗なダブルタッチで難なくプレスを回避している。開始早々にも高速タッチで相手をかわしており、随所で足に吸い付くようなタッチを披露した。

 2人目がベガルタ仙台の24歳FWジャーメイン良だ。ガンバ大阪戦(2-1)の前半12分、右サイドから侵入を図ったジャーメインはエリア内で鋭いまたぎフェイントを披露。相手を翻弄すると、左足を素早く降り抜いてシュートを放った。これは相手GK東口順昭の正面を突いたが、狭い場所で突破力を見せつけている。

 3人目は、切れ味の鋭いドリブルが光った川崎のMF長谷川竜也だ。川崎が2-0とリードして迎えた神戸戦の後半、相手ペナルティーエリアに侵入した長谷川は日本代表DF西大伍と対峙。左サイドから中央にカットインしたかと思った次の瞬間、今度は縦方向への切り返しで西を翻弄して局面を打開した。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド