17歳久保建英、J1席巻の理由 長友育てた“恩師”も成長実感「体幹が日本トップと同レベル」

FC東京MF久保建英【写真:Getty Images】
FC東京MF久保建英【写真:Getty Images】

松本戦で先制点アシスト、PKも獲得 フィジカル面の充実を支える恩師の存在

 FC東京のU-22日本代表MF久保建英は今季、J1リーグ戦でブレイクを果たしつつある。28日のJ1リーグ戦第9節松本戦では、FW永井謙佑の先制点をアシストすると、追加点となるPKも獲得。2-0の完勝に大きく貢献し、チームはクラブ記録の開幕9試合無敗で首位を堅持した。

 まだ17歳ながら、堂々としたプレーぶりで日本のトッププレーヤーたちと互角以上に渡り合っているが、そのなかで印象的なのがフィジカル面の充実だ。久保が小学5年生の頃からトレーニング指導に当たり、バルセロナのカンテラ(下部組織)時代から専属トレーナーを務めている木場克己氏は、「体幹が日本のトッププレーヤーと同じくらいのレベルになっている」と成長を実感している。

「川崎との開幕戦では、家長昭博選手とのマッチアップも鮮やかなターンをしていました。『だいぶ(力が)付いたな』というのは分かりましたね。体幹の強さが日本のトッププレーヤーと同じくらいのレベルになっている印象も持ちました。重心を低く保ちながら、コンタクトプレーの際にも重心がブレない」

 こう語る木場氏は、体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者。育成年代のエリートアスリートから、鹿島アントラーズFW安部裕葵らトップアスリートが師事するスペシャリストだ。久保への指導も長年続けており、コミュニケーションを取りながら体作りを二人三脚で長年進めてきた。

 昨季のJリーグMVPに輝いた家長を凌ぐほどのテクニックとキレを見せた愛弟子の成長に目を細めている。

 現在は「怪我をしないように、自分の体を上手く使えるような形に作っていこう」という方針の下、地道な積み上げを継続。その結果がプロの舞台で結果を残すことにもつながっている。今季の久保は相手との競り合いで後手に回ることが少ないが、木場氏はJ1の選手を相手にしても戦えるよう、意識して取り組んできたことの成果だと明かす。

「プロになった以上は、特にJ1では相手も絶対に削りに来る。そう考えたら、倒れない体を作るよりも、相手の体を上手く使って反発力で前に進むとか、膝周りとお尻周りで、相手がガツンと来た時にも踏ん張る筋肉は付けていこうと。小5からやってきたことで、体幹の軸はできてきています。今はプロの選手の体を上手く利用して、フェイントの場面でも上半身が流れず、片足でも踏ん張れるようになっていますね」

【PR】ビジャ、イニエスタ、ポドルスキの“VIPトリオ”に世界が注目! ヴィッセル神戸観るならDAZNで!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング