香川、ブンデス公式“ダービー歴代ベスト11”選出 「ドルトムントの歴史に刻まれている」

ドルトムント加入初年に臨んだ“レヴィア・ダービー”でいきなり2ゴールを奪った香川【写真:Getty Images】
ドルトムント加入初年に臨んだ“レヴィア・ダービー”でいきなり2ゴールを奪った香川【写真:Getty Images】

“レヴィア・ダービー”で印象的な活躍を残し、中盤で唯一の現役選手として抜擢

 ドルトムントは現地時間27日、ブンデスリーガ第31節でシャルケとの“レヴィア・ダービー”を控えている。今季優勝を奪還するうえでの大一番を迎えることになるが、ブンデスリーガ公式サイトは「レヴィア・ダービーの歴代ベストイレブン」と銘打ち、ダービーマッチで活躍した両チームの歴代の選手たちで布陣を形成。現在ベジクタシュに期限付き移籍中の日本代表MF香川真司も選出されている。

 記事では、3-4-3システムを導入。指揮官に任命されたのは現在リバプールで優勝争いを演じているユルゲン・クロップ監督だ。GKは1998年から1年間をシャルケ、99年から4年間をドルトムントで過ごした元ドイツ代表GKイェンス・レーマン氏が抜擢された。3バックには左からDFリチャード・ウォサブ氏(元ドルトムント)、ASモナコのDFナウド(元シャルケ)、元ドイツ代表DFオラフ・トーン(元シャルケ)が並んでいる。

 中盤は4枚となっており、アンカーにはMFクラウス・フィヒテル氏(元シャルケ)、トップ下には現在ドルトムントのスポーツ・ディレクターを務める元ドイツ代表MFミヒャエル・ツォルク氏(元ドルトムント)、左セントラルハーフにはMFインゴ・アンダーブリュッゲ氏(元ドルトムント&シャルケ)、そして、右セントラルハーフには香川が配置されている。

 3トップは左から元ドイツ代表FWローター・エメリッヒ氏(元ドルトムント)、元ドイツ代表FWクラウス・フィッシャー氏(元シャルケ)、現在アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの顔ぶれとなっている。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング