浦和、ACL全北現代戦で主将・柏木が今季初のメンバー外 新加入DF鈴木が初先発出場

浦和MF柏木陽介【写真:Getty Images】
浦和MF柏木陽介【写真:Getty Images】

エヴェルトンはスタメンも、同じく直近のリーグ戦で負傷した橋岡はメンバー外

 浦和レッズが敵地に乗り込んで戦う24日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)第4節、全北現代(韓国)戦のスタメンが発表され、主将のMF柏木陽介が今季初めてメンバーから外れた。

 浦和は直近のリーグ戦となった20日の第8節ヴィッセル神戸戦(1-0)でDF橋岡大樹とMFエヴェルトンが負傷交代。予防的な意味だったとオズワルド・オリヴェイラ監督が話したエヴェルトンはスタメン出場となったが、橋岡はメンバー外となっている。そして中盤では、MF長澤和輝が起用されて、ここまで公式戦全試合でスタメン出場だった主将の柏木は登録メンバーからも外れた。

 また、最終ラインではDF鈴木大輔が移籍後の初スタメン。神戸戦で右ストッパーだったDF森脇良太が右のウイングバックを務めると見られる。

 これまで浦和はACL3試合を終えて1勝1分1敗の勝ち点4。前節で浦和を下した全北が首位に立っているだけに、ここでリベンジの1勝がほしいところだ。そして、できれば勝ち点が並んだ際に直接対決の成績で上回る2得点以上をしての勝利が望まれる。ゲームメーカーを欠いたなかで迎える一戦だが、ともにアジアを制した経験を持つチーム同士の日韓対決の第2ラウンドの行方はどのようなものになるだろうか。

 浦和のスタメンは以下の通り。

GK
西川周作

DF
森脇良太
鈴木大輔
マウリシオ
槙野智章
山中亮輔

MF
長澤和輝
青木拓矢
エヴェルトン

FW
武藤雄樹
興梠慎三

<控えメンバー>
GK
福島春樹

DF
宇賀神友弥
岩波拓也

MF
阿部勇樹
汰木康也
柴戸 海

FW
アンドリュー・ナバウト

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング