決勝弾のソン・フンミン、大黒柱ケインの“代役”に英紙期待 「スーパーチャージした」

マンC戦で決勝ゴールを挙げたFWソン・フンミン【写真:Getty Images】
マンC戦で決勝ゴールを挙げたFWソン・フンミン【写真:Getty Images】

エース不在時の得点が多い韓国代表FWに期待大 「ケインなしでも成功できる」

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは、現地時間9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦マンチェスター・シティ戦で決勝ゴールを挙げて貴重な勝利をもたらした。イングランド代表FWハリー・ケインが負傷退場するアクシデントに見舞われたが、エース不在という状況を解消した存在として、英紙「ガーディアン」が大きく注目している。

 ソン・フンミンが左足でシュートを決めて第1戦を制したトットナムだったが、後半13分にはエースのケインが負傷交代。ルーズボールを競り合ったシティのイングランド代表DFファビアン・デルフに左足首を踏まれ、プレー続行不可能となりベンチへ下がった。試合後にはマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、ケインの怪我は今季絶望の重傷となる可能性を示唆している。

 CL準々決勝第2戦に向けて、さらにプレミアリーグのトップ4入りを終盤戦に向けて、ケインの負傷はチームにとって大打撃。そこで期待を集めるのがソン・フンミンだ。記事では、「スーパーチャージしたソン(・フンミン)がシティを相手に見せた衝撃は、スパーズがケインなしでも成功できることを証明している」と見出しを打ち、エースの代役を期待すると報じている。

 ソン・フンミンは今季公式戦で18得点を挙げているが、直近7ゴールのうち今回のシティ戦での一撃も含む6ゴールは、ケインがピッチ上にいない時に挙げているものだという。特に、ケインが足首の負傷で戦線離脱していた1月下旬から2月中旬にかけて、ソン・フンミンは3試合連続で得点を決めてチームを勝利に導き、その穴を埋める活躍を見せてきた。

 ケインに今季絶望の可能性が浮上したシーズン終盤戦で、韓国代表FWの真価が問われることになりそうだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング