補強資金捻出を目指すレアル、大量放出へ? 総額600億円以上とスペイン紙報じる

(左から)マルセロ、ベイル、クロース【写真:Getty Images】
(左から)マルセロ、ベイル、クロース【写真:Getty Images】

夏の移籍市場でのアザールらスター選手獲得に向けて、クロースやベイルを売却か

 来夏の移籍市場で多くの選手が放出候補に挙がっているレアル・マドリードは、すべての選手がチームを離れることになれば5億ユーロ(約628億円)もの資金を得られる可能性があるようだ。スペイン紙「AS」が報じている。

 シーズンが閉幕に近づく中、レアルの移籍動向が騒がしい。ジネディーヌ・ジダン監督が復帰し、新たなチームを作ろうとする計画が進められ、最近では多くの選手が獲得候補に挙がっている。一方で、そういった選手たちを獲得するためには資金を調達する必要があり、来夏には現在所属している選手たちの放出が見込まれている。

 まずは8000万ユーロ(約100億円)の評価を受けるフランス代表DFラファエル・ヴァラン、ドイツ代表MFトニ・クロース、バイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍中のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの3人。ヴァランについてはクラブも放出に消去的な姿勢を示しており、1億ユーロ(約126億円)以下の交渉には臨まないとしている。一方で、ハメスに関してはバイエルンが購入オプションを行使して獲得を要求すれば放出を容認する形だが、そうなった場合にはレアルはハメスサイドに4200万ユーロ(約53億円)を支払わなければならないとしている。

 彼らに続いて価値があるとされるのが、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルとスペイン代表MFイスコの2人。それぞれ7000万ユーロ(約88億円)と6000万ユーロ(約75億円)の価値を見込まれているが、レアルはベイルを1億ユーロ程度で売りたいと考えている模様。またイスコに関しても6000万ユーロ以上を得られると考えているようだ。

 その他にも3500万ユーロ(約44億円)の価値を持つとされるブラジル代表DFマルセロとクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ、2000万ユーロ(約25億円)と言われるドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスなど、注目銘柄がずらりと並んでいる。

 チェルシーのベルギー代表FWエデン・アザールら各国のスーパースターたちを獲得するためには資金が必要になるが、レアルは来夏の移籍市場で既存戦力をどれほど放出することになるのだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング