アーセナルFWの技あり“ワンタッチループ弾”に海外注目 「偉大な9番」「完璧」

アーセナルFWラカゼット【写真:Getty Images】
アーセナルFWラカゼット【写真:Getty Images】

フランス代表FWラカゼットがニューカッスルを突き放す一撃「完璧なループを遂行」

 アーセナルは現地時間1日、プレミアリーグ第32節ニューカッスル戦で2-0の勝利を収めた。勝ち点3を積み上げてリーグ3位に浮上し、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権に一歩近づいたなか、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが決めたチーム2点目のループ弾に注目が集まっている。

 アーセナルは前半30分、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーのゴールで先制。1-0の時間が長く続き、後半にニューカッスルが日本代表FW武藤嘉紀らを投入して前への姿勢を強めてきたタイミングで、ラカゼットに見せ場がやってきた。

 後半38分、ペナルティーエリア手前でガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとのワンツーを試みたラカゼットは、ややパスが乱れながらオーバメヤンのリターンによってディフェンスラインを突破。飛び出してきた相手GKをあざ笑うかのように右足アウトサイドでワンタッチのループシュートを放ち、見事にゴールネットを揺らしてみせた。

 英紙「ガーディアン」は「ラムジーとラカゼットがニューカッスルを沈めて3位へ」と見出しを打って報じ、「ラカゼットが完璧なループを遂行してアーセナルの勝ち点3を確かなものにした」と称賛した。また、このゴールの動画を紹介した米スポーツ専門テレビ局「ESPN」のツイッター返信欄には「偉大な9番」「ラカゼットは最も過小評価されている選手の1人だ」「なんでフランス代表に入っていないの?」などのコメントが寄せられている。

 優勝争いだけでなく、来季のCL出場権争いも佳境に入ってきたプレミアリーグ。終盤戦に向けて調子を上げてきたアーセナルとラカゼットに注目だ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング