リバプールDFファン・ダイク、大ピンチでの完璧な守備に称賛の嵐 「世界最高のCB」

リバプールDFファン・ダイク、大ピンチでの完璧な守備に称賛が寄せられた【写真:Getty Images】
リバプールDFファン・ダイク、大ピンチでの完璧な守備に称賛が寄せられた【写真:Getty Images】

トットナム戦、1対2の数的不利な状況で圧巻の対応を同僚DFも絶賛「素晴らしい仕事」

 リバプールは現地時間3月31日のリーグ第32節でトットナムと対戦し、本拠地で2-1と勝利を収めた。1試合消化の少ないマンチェスター・シティを上回り、暫定首位に再浮上した。この試合でリバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが絶体絶命のピンチで見せた守備対応に各方面から称賛が集まっている。

 前半16分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのゴールでホームのリバプールが先制。しかし、トットナムも後半25分にMFルーカス・モウラが決めて同点とした。そして1-1のまま迎えた同40分に、トットナムがカウンターから勝ち越しの絶好機を作り出した。

 素早く縦パスをつないで韓国代表FWソン・フンミンとMFムサ・シソコが抜け出したトットナムに対し、リバプールの守備は最後方のGKアリソン・ベッカーを除いてファン・ダイク1人での対応という苦しい状況。しかし、オランダ代表CBはたった1人で2人の攻撃を防ぐ完璧な対応を見せた。

 ファン・ダイクはドリブルするシソコとソンの中間に入り、縦への突破も、右にいるソンへのパスも許さない絶妙な距離感を保ちながら後退して攻撃を遅らせた。ペナルティーエリアに入ったところでシソコは左足に持ち替えてシュートを試みるが、ファン・ダイクは即座にプレッシャーを掛けて対応。ボールはゴール上に大きく外れ、リバプールは絶体絶命のピンチを脱した。その後、終了間際にベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトのオウンゴールによってリバプールが2-1で勝利を収めた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング