チェルシー会長、サッリ監督の解任を決断? 指揮官交代の可能性浮上と英紙報道

チェルシーのサッリ監督が解任される可能性が浮上している【写真:Getty Images】
チェルシーのサッリ監督が解任される可能性が浮上している【写真:Getty Images】

エバートンに敗れ今季7敗目 アブラモビッチ氏が代表期間中の更迭を決断か

 チェルシーの名物オーナー、ロマン・アブラモビッチ氏が、各国代表戦が行われる今月のインターナショナルブレーク期間中にマウリツィオ・サッリ監督を解任する可能性が浮上している。英紙「エクスプレス」が報じた。

 チェルシーは現地時間17日に行われたプレミアリーグ第31節でエバートンに0-2で敗れた。特に年明けから不振が顕著で、リーグ戦7敗目を喫したことで、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内の4位入りに黄色信号が灯っている。これで、指揮官への風当たりはさらに強まるばかりだ。

 2月10日のマンチェスター・シティ戦で0-6と大敗したあたりから解任説は過熱の一途を辿っているが、エバートン戦の敗戦がついに引き金となるのか。記事では「チェルシーはインターナショナルブレーク中に監督を解任する」と報じられ、アブラモビッチ会長がサッリ監督の更迭を決断する可能性を指摘している。

 仮にサッリ監督を解任すれば、当然後任探しに追われることになる。しかし、チェルシーはFIFAから今後2度の移籍市場で選手登録禁止処分を下されていることがネックとなる可能性もある。記事では、現在フリーの元フランス代表監督ローラン・ブラン氏を後任候補の一人として挙げるも、補強禁止が言い渡されているチームへの就任は望んでいないだろうとの推測がされている。

 就任1年目のサッリには、スタイル確立までの時間を与えるべきだという擁護の声もあるが、オーナーのアブラモビッチ氏は決して辛抱強いタイプではなく、これまでもためらうことなく監督交代を敢行してきた。代表ウィーク中のクラブの動きから目が離せない。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド