ベジクタシュ監督、香川とセルビア代表MFの内容に不満 「攻撃での効果がなかった」

(左から)MF香川、MFリャイッチ【写真:Getty Images】
(左から)MF香川、MFリャイッチ【写真:Getty Images】

ギョズテペ戦、香川がトップ下で3試合ぶりスタメン リャイッチと先発初共演も…

 ベジクタシュのMF香川真司は現地時間16日、リーグ第26節ギョズテペ戦でトップ下としてスタメン出場し、1-0の勝利に貢献した。これまでトップ下で起用されていたセルビア代表MFアデム・リャイッチとともに先発したなか、シェノル・ギュネシュ監督は2人の内容に不満を露わにし、「攻撃での効果がなかった」と語っている。トルコメディア「futbolarena」が伝えた。

 1月末にドルトムントからベジクタシュに加入した香川は、第20節アンタルヤスポル戦(6-2)で後半途中から出場し、登場からわずか16秒で初ゴールを挙げるなど3分間で2ゴールの衝撃デビューを飾る。以降は途中出場が続き、第23節フェネルバフチェ戦(3-3)で香川はトップ下で移籍後初スタメンを果たすと、1アシストをマークした。負傷で1試合欠場後、前節コンヤスポル戦(3-2)では途中出場ながら決勝ゴールを挙げている。

 そうして迎えたギョズテペ戦では3試合ぶりに香川が先発。それまでトップ下で出場していたリャイッチが左サイドハーフに入り、ポジションを争う2人が先発で初共演したなか、前半は攻撃が思うように機能せず。それでも後半1分、ハーフウェーライン付近で香川のパスからカウンターを発動し、右サイドのポルトガル代表MFリカルド・クアレスマのクロスから最後はFWブラク・ユルマズがゴールを奪った。1試合を通じて見れば、厚みのある攻撃を繰り出した場面は多くなく、その後は追加点を奪えないまま1-0で終えている。

 香川とリャイッチの共演で期待感は高まっていたなか、2人のパフォーマンスについてギュネシュ監督が試合後に言及。「カガワとリャイッチを一緒にプレーさせたかった。しかし、攻撃での効果がなかった。我々はもっと攻撃をするべきだった」と指摘した。また、記事では指揮官のコメントを受けて、「リャイッチとカガワを一緒にプレーさせてみんなを失望させた」とまとめている。

 香川は要所でキレのある動きを見せるなどコンディション状態は上々だったが、指揮官は2人への期待を込めて厳しい言葉を残したようだ。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング