ニューカッスル監督、劇的な逆転勝利を導いたFW陣を絶賛 「メッシがやっていたら…」

ベニテス監督は、勝利に貢献したFW陣を絶賛した【写真:Getty Images】
ベニテス監督は、勝利に貢献したFW陣を絶賛した【写真:Getty Images】

エバートンに0-2から逆転勝利しホーム5連勝 ベニテス監督がロンドン&ペレスを称える

 日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは現地時間9日、プレミアリーグ第30節でエバートンに2点ビハインドから逆転勝ちし、ホーム5連勝を飾った。チームを率いるラファエル・ベニテス監督は、勝利に貢献したFWサロモン・ロンドンらFW陣を絶賛。より大きな称賛を浴びるに値する活躍だったと語った。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 ニューカッスルはエバートンに2点を先行される苦しい展開となった。しかし、先発したベネズエラ代表FWロンドンと、スペイン人FWアジョセ・ペレスがピッチで躍動。お互いのゴールをアシストし合う活躍を披露した。

 0-2で迎えた後半20分、ロンドンからのパスをペナルティーエリアで受けたペレスが一瞬のタメを作り、浮き球のパスを供給。走り込んだロンドンが左足のボレーシュートを叩き込んだ。

 さらにニューカッスルは同36分、パラグアイ代表FWミゲル・アルミロンがエリア外から放ったミドルシュートのこぼれ球をペレスが押し込んで同点に追いつくと、3分後にはCKの二次攻撃からロンドンがつなぎ、最後はペレスが至近距離から強烈な一撃をネットに突き刺した。

 後半に怒涛の反撃を見せたニューカッスルは、本拠地セント・ジェームズ・パークで逆転勝利。ホームゲーム5連勝となり、一時は降格圏に沈んでいたチームも暫定13位まで浮上している。

 ベニテス監督は勝利の立役者となったロンドンとペレスの活躍は、より大きな称賛を浴びるにふさわしいと語っている。

「(ロンドン)1点目の場面では、あれをメッシがやっていれば、みんながしばらくの間は話のネタにしていただろうね。(アシストの)ペレスは素晴らしかった。もしロンドンが決めたゴールをアラン・シアラーが決めていれば、長い間語り継がれただろう」

 スペイン人指揮官はFW陣の活躍を称えていた。なお、日本代表FW武藤はメンバーに入らず、リーグ戦9試合連続で出番なしだった。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング