補強禁止処分のチェルシー、FIFAに控訴も却下 スポーツ仲裁裁判所に上訴へ

チェルシーはFIFAの処分に控訴したものの、FIFAはこれを却下とした【写真:Getty Images】
チェルシーはFIFAの処分に控訴したものの、FIFAはこれを却下とした【写真:Getty Images】

英メディア報道、控訴却下にチェルシー「非常に驚いている」

 FIFA(国際サッカー連盟)はチェルシーからの補強禁止処分に対する控訴を却下した。これにより、チェルシーはスポーツ仲裁裁判所(CAS)へ上訴することになるようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 チェルシーは先月、18歳未満の外国人選手獲得に関する規定に違反したとして、FIFAから今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍マーケットで新たな選手登録禁止の処分を下された。同クラブはマウリツィオ・サッリ監督による新体制で苦戦を強いられており、今後1年間の補強禁止はクラブにとって大打撃となることは間違いない。

 チェルシーはFIFAの処分に控訴したものの、FIFAはこれを却下とした。チェルシーはCASへ上訴すると見られる。過去に同様のケースで補強禁止処分となったバルセロナやレアル・マドリードなどは上訴によって処分が一時凍結、あるいは軽減されているが、処分が撤回される可能性は低そうだ。

 チェルシーは今回のFIFAの決定に対し、「非常に驚いている」と声明を発表している。今後の動きに注目だ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング