歓喜が一転、悲劇に… マンUサポーター、劇的8強進出後に刺傷事件被害で手術と英報道

ユナイテッドサポーターが刺傷事件に巻き込まれたようだ(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ユナイテッドサポーターが刺傷事件に巻き込まれたようだ(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

突破祝福の歌に運転手が激昂、犯行に及ぶ 英外務省「フランス当局と連絡を取っている」

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間6日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦で、パリ・サンジェルマン(PSG)に3-1で勝利。2戦合計3-3ながらアウェーゴールの差でベスト8進出を決めた。ユナイテッドにとっては劇的なパリでの夜になった一方、44歳のユナイテッドサポーターが刺傷事件に巻き込まれ、病院に緊急搬送されたという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 事件はユナイテッドの突破が決まった試合後に起きた。

 ユナイテッドサポーター3人が街の中心部に帰るためにタクシーに乗り、逆転でのベスト8進出を祝うチャントを歌っていたところ、タクシー運転手が激昂。3人を車の外に出し、女性サポーターをナイフで脅す行為に及んだ。女性を守るために男性が立ちはだかった際、運転手は男性側へ向き直り、胸部をナイフで刺したという。

 被害者の男性はすぐに病院の集中治療室に搬送され、現地時間7日の午後には肺の血液を抜く手術が行われた。英公共放送「BBC」によると、英外務省は「フランス当局と連絡を取っており、必要があれば支援する準備がある」との声明を発表。すでに容疑者は警察に逮捕されているものの、凶器のナイフはまだ見つかっていない。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング