浦和DF橋岡、ACL2ゴールの陰に“槙野の助言” ハーフタイムに何を言われたのか?

ブリーラム戦で2ゴールを挙げたDF橋岡【写真:Getty Images】
ブリーラム戦で2ゴールを挙げたDF橋岡【写真:Getty Images】

今季、悪夢のようなスタートとなった橋岡 ACLブリーラム戦で2ゴールと活躍

 浦和レッズのU-20日本代表DF橋岡大樹は、6日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ初戦、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)戦で2ゴールの活躍でチームの3-0勝利に大きく貢献した。昨季にユースからの昇格で即レギュラーをつかんでいた逸材だが、今季は苦しいスタートをバネにして這い上がっての結果を残した。

 橋岡は昨季、浦和が監督交代を繰り返す厳しいシーズン序盤を過ごす中でチャンスを得た。現在の大槻毅ヘッドコーチがユースチームの監督からトップチームの暫定監督に昇格した4月にチャンスを得ると、すぐに「守備はプロのなかでも計算できる」という高い評価を得た。元より、昇格時に「ロシア・ワールドカップを狙っていけ」という檄を飛ばすほどに評価していた教え子だっただけに、起用に躊躇もなかっただろう。そのうえで、橋岡はオズワルド・オリヴェイラ監督の就任後もレギュラーの座を守った。

 そうしたなかで、今季のスタートは悪夢のようなものだった。16日の富士ゼロックス・スーパーカップで川崎フロンターレと対戦すると、対面した昨季のリーグMVPであるMF家長昭博にいいようにやられた。チーム全体の低調さがあったにしても、マッチアップの劣勢は際立った。その結果、リーグ開幕戦ベガルタ仙台戦はベンチスタートで出番なし。次節の北海道コンサドーレ札幌戦ではベンチ外という苦境に立たされた。

 浦和は今季、横浜F・マリノスから左利きのDF山中亮輔を獲得。MF宇賀神友弥を橋岡の務めてきた右サイドに回すことを、オズワルド・オリヴェイラ監督は「5月のU-20ワールドカップで橋岡がいないこともある。そのオプションもある」と話していた。しかし、その起用は随分と前倒しになった。橋岡はその状況を「改めて気づかされたもの」だと話している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング