“ゴール欠乏症”の浦和、ACL初陣ブリーラム戦も前半0-0 好転の兆しも1点が遠く…

ACL初陣ブリーラム戦は前半を0-0で折り返した【写真:Getty Images】
ACL初陣ブリーラム戦は前半を0-0で折り返した【写真:Getty Images】

2年ぶり3度目のアジア王者へ、ゲームを支配するも無得点が続く

 浦和レッズは6日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の初戦、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)とのホームゲームに臨み、前半はゲームを支配したものの0-0で折り返した。

 浦和は今シーズンの開幕から公式戦3試合連続で勝利がなく、無得点も続いている。オズワルド・オリヴェイラ監督は前線にオーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトを起用し、最終ラインの右にはDF森脇良太を今季初めてピッチに、右ウイングバックにはU-20日本代表DF橋岡大樹を起用した。

 立ち上がりから、これまでに比べて動きにキレが見られた浦和は前半9分、左サイドからMF柏木陽介が上げたクロスにナバウトが合わせたもののシュートはクロスバーを越えた。浦和は森脇と橋岡の入った右サイドがこれまでより活性化し、敵陣に入り込んでいく形が増えた。

 同23分には森脇からのパスを受けてFW興梠慎三が反転して左足シュートを放ったものの、ジャストミートはできずに相手GKにセーブされた。これまでよりも好転の兆しを見せた浦和だが、先制点を奪うには至らずに0-0で前半を終えた。

 7回目の出場で2大会ぶり3回目の優勝を目指す浦和は、重要度の高いホームゲームで後半に今季の初得点と初勝利を奪い取ることができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング