交代拒否騒動のチェルシーGKケパが先発落ち 監督は擁護「若い時は誤ちを犯すもの」

トットナム戦ではスタメン落ちとなったGKケパ【写真:Getty Images】
トットナム戦ではスタメン落ちとなったGKケパ【写真:Getty Images】

リーグ杯決勝で騒動を起こした後の初ゲームは控えGKカバジェロにスタメンを譲る

 チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガはリーグカップ決勝マンチェスター・シティ戦での交代拒否騒動で大きな注目を浴び、現地時間27日のプレミアリーグ第28節トットナム戦ではスタメン落ちとなった。マウリツィオ・サッリ監督は「若い時には誤ちを犯すもの」と渦中の守護神を擁護し、依然としてファーストチョイスであるとの考えを明かした。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 ケパはタイトルの懸かったシティとのリーグカップ決勝戦の延長後半に足の治療を受けた後、交代の指示を受けたが、それを受け入れることなくピッチに立ち続けた。サッリ監督は事態を飲み込めず、ベンチに物を投げつけるなど激昂する様子を見せた。

 前代未聞の事態として物議を醸したが、最終的にはコミュニケーションのズレから両者に誤解が生じたとして、話し合いの末に解決したとされている。

 そうしたなかで、騒動後初の公式戦となった27日のトットナム戦(2-0)ではケパではなく、元アルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロが先発起用された。問題を起こしたことに対する懲罰とも考えられるが、サッリ監督は依然としてケパがファーストチョイスだという考えは変わらないと強調している。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング