香川は「キャリアを蘇らせた」 トルコ移籍後のプレーをドルトムント専門サイトが分析

ドルトムントからベジクタシュへ移籍したMF香川【写真:(C)BesiktasJK】
ドルトムントからベジクタシュへ移籍したMF香川【写真:(C)BesiktasJK】

構想外だったドルトムント時代から一転、ベジクタシュ移籍で本来の姿へ徐々に復調

 トルコ1部ベジクタシュに移籍したMF香川真司は、現地時間25日のリーグ第23節フェネルバフチェ戦(3-3)で移籍後初スタメン。2ゴールに絡むなど、トルコ移籍後は4試合で2得点1アシストを記録している。ドルトムント専門メディアも「香川は移籍でキャリアを蘇らせた」と評価した。

 ドルトムント通算7シーズン目の今季、香川はルシアン・ファブレ新監督の戦術下では事実上の構想外となり、ベンチ外の試合が続いた。2018年夏のロシア・ワールドカップ以降、日本代表からも遠ざかり、今冬の移籍市場最終日にトルコの強豪ベジクタシュへの期限付き移籍を決断した。

 デビュー戦となった3日のリーグ第23節アンタルヤスポル戦(6-2)で、途中出場からわずか16秒で初ゴールを奪うなど3分間で2得点を挙げる鮮烈パフォーマンス。その後の2試合も途中出場となったなか、フェネルバフチェ戦はトップ下のセルビア代表MFアデム・リャイッチが累積警告で出場停止ということもあり、最も得意とするポジションで移籍後初スタメンを飾った。前半10分にFKで先制点をお膳立てすると、前半終了間際には相手守備陣の背後を狙った絶妙なスルーパスでトルコ代表FWブラク・ユルマズのゴールをアシストしている。

 ドルトムント専門メディア「BVB Buzz」は、「ボルシア・ドルトムントをローン移籍で離れた選手の現状を考察」と見出しを打ち、現在欧州のクラブに期限付き移籍している7選手にフォーカス。真っ先に香川について触れている。

「香川は移籍期限の最終日、トルコのベジクタシュへローンのためドルトムントを去った。そして、日本代表は移籍でキャリアを蘇らせた。香川はアンタルヤスポル戦で9分間のプレー時間でトルコでの生活をスタートさせたが、活力を得るにはそれで十分だった。彼はライバルであるフェネルバフチェ戦で初先発を飾る前に、さらに2試合の交代出場が続いた」

 ドルトムントではリーグ戦2試合しか出場機会がなかっただけに、地元メディアも香川は輝きを取り戻しつつあると見ているようだ。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング